いわばえんぴつという書き感触のシャープペンシル

画を描くのにしょっちゅうペンにおいていました。
ただしペンは直ちに直後が丸くなってしまい、そのたびに押さえるのが懸念だったんです。
かといって、一般的なシャープペンシルは書きづらく、芯がポキポキあげるという図を描くやる気がそがれてしまいます。
なにか良いアイテムはないかと年々文房具店舗を物色していました。
とあるタイミング見つけたのが、ペンバージョンのシャープペンシル。
もっぱらペンの形を模やるだけでなく、必ずやペンで描いておるような質感だったんです。
通常のシャープペンシルから芯の出る直後が早く、折れ難い枠組みになっているようです。
持ち手部分はペン本体、書き感情も快適でした。
おフィーは300円って少数お高めですが、1本あればあとは芯だけ補充して沢山記せるのでまあまあのコスパかなあと思い購入しました。
とにかく図はシャープペンシルで書くのが辛く、今まで一際ペンで描いてきたんです。
こういうペンバージョンシャープペンシルでなら画も豊か描けそうです。お金借りるなら